2014年08月18日

白猫、シロ

初めて家に来たのは、1995年9月7日だったね。子猫では無く、すでに8ヶ月の中猫だったね、いきなり違う環境に来た訳だから、パニックで隠れてたっけ。親猫・兄弟猫から離されて、辛い思いをしたんだろうな。
それから10年私と一緒に生活したね。
一緒に寝てたねぇ。呼べば来るし、仕事から帰って来ると車の音で分かるのか、出迎えてくれていた毎日。
2005年に私が結婚してからは、姪に託してお世話してもらったね。姪には心から感謝…

実家は近いから、帰ると元気な様子を見て安心していたよ。

ちょうどお盆だからね、亡くなったじじちゃんとばばちゃんが帰って来てたからねぇ。お盆終わって天国に帰っていく時に、シロが何処へ行っていいか分からなくならないように、一緒に抱っこして連れてってくれたんだね。じじちゃんとばばちゃんと一緒なら安心だよ。

3日前から危篤だったけど、今日、旅立っていったね。20年。人間の歳で95歳。
超おばあちゃん猫だった。でも愛されてきた20年、なかなかの白く美しい毛並みだった。長い尻尾がチャームポイントだったのよ。

長い間、可愛くてありがとう。どんなに癒されてきたか。生まれ変わっても、また愛されて長生きしてね。
posted by ロカ at 22:50| Comment(0) | 日常生活簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。